読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

戦闘民族の獄

きゅーぽけ所属 モンローです

ビラ配りをした話

ど~~~も~~~

昨日友人の頼みで、九大受験のための下見をしている高校生にビラを配るアルバイトをした。配るのは学生マンションのビラである。

私は今までビラを配ったことが無かったので、些かの不安を覚えていた。

 

例の如く集合時間に少し遅れてしまったが、誰も来ていなかったのでお咎め無し。少し遅れてきた業者のおじさんにビラを貰ってバイトが幕を開けた。

 

350部のビラを担当の4人で分けて配るのだが、分け方が雑で明らかに私の配る量が多くて困惑。

 

 

駅の出口に立つ私。周りには他の業者もいた。負けてたまるものか!などと思いながら受験生を待っていたが、なかなか来ない。

 

ちらほらと若めの人が前を通り過ぎてはいたが、「もし受験生じゃなかったらどうしよう」といったネガティブな考えを抱いてしまい、1歩踏み出せず。弱い。

 

 

しばらくすると、そこそこ受験生らしき人たちが来るようになった。勇気を出してビラを配ってみたが、全然相手にしてもらえず、恥ずかしくなって近くの知人に照れ笑い。照れながらモノマネしてマジでしらけてしまうアレと同義の空気。最悪。

 

しかし、大量のビラが余っているので気を取り直してビラ配りを再開することにした。ちょこちょこビラを貰ってくれる人がいたので本当にありがたかった。

 

私がビラを配っていると、他の業者もその人にビラを配りだす。

そこで「協定を結びませんか?」と近くに居た可愛めの女に声を掛けた。

どちらかが受験生の動きを止めている隙にビラをねじ込もうという作戦だ。そうでもしないと終わらない。

 

早速、チームワークが始まった。この作戦は成功を収め、ビラは着実に減った。どんどん自分のビラ配りの才が開花していくことに気付く。女も可愛い。

 

慣れてきた頃になって、駅の階段を白髪のギャルが上ってきた。大学生?いや、ただのギャルか?再びコミュ障を発揮し、逃す。

 

終盤になって自分がビラに書いてあるマンションと全く違う友達の住んでいるマンションの名前を言って配っていることに気付いたが、時すでに遅し。

 

ビラを配り終えて帰る気満々だったが、おっさんが別のキャンパスから余ったビラを持って来やがって、それも配らされて憤慨した。

 

 

 

 

ここからが本題

これからビラ配りを始める皆さん。今回は特別に私が極意を伝授する。

 

 

極意其の一(会得レベル★☆☆☆☆)

 

親子連れは親を狙え!

 

これは相手の立場になって考えればよく分かることである。極意の初歩中の初歩。家賃は誰が支払う?そう、親だ。というわけで、少しでも色々な情報の欲しい親はマンションのパンフレットを受け取ってくれる公算が大きい!恥じらいも無くこなせる平易な極意。これが出来ないやつは今すぐに帰れ。

 

 

 

極意其の二(会得レベル★★☆☆☆)

 

情けは人の為ならず

 

受験生誰しもが目的地にたどり着けるわけではない。確実に道に迷っている者がいる。私たちの仕事はビラを配ることだが、あくまでそれは受験生あってのもの。

臨機応変に道を案内してあげることで、そのお礼としてビラを受け取ってくれるのだ。

自分の仕事以外はしないスタンスではダメ。自分を見つめ直すことが出来る良質な極意。これが出来ないやつは今すぐ帰れ。

 

 

 

極意其の三(会得レベル★★★☆☆)

 

立ちはだかる壁となれ!

 

相手の横からビラを渡そうとすると、こちらの顔も見ずに跳ね除けられてしまう。相手の正面に立つことで、人間同士の対話が可能となる。断ることの罪悪感を生じさせる手である。また、正面からビラを差し出すことでその内容にも目を向けてもらうことが出来る。確実に相手の動きが止まるので、他者との連携も取りやすい。少しだけ図々しくもあるが、ここが肝。自分を鬼に変える厳格な極意。これが出来ないやつは今すぐに帰れ。

 

 

 

極意其の四(会得レベル★★★★☆)

 

芸人を探せ!

 

集団で下見に来ている明るい男子高校生が狙い目。彼らは何故かビラの数を競っており、ビラを大量に貰うことが面白いことであると思っている大変ありがたい存在なのだ。まずは1枚ビラを渡してみて、反応が良ければ「もう一声!」と言って更に多くのビラをねじ込もう!正直言ってここまでする必要はないが、発動出来た時の効果は絶大である。発動条件が難しく本当に図々しくないと出来ないのでこのレベルとした。使用をためらう禁断の極意。これが出来ないやつは別に帰らなくとも良い。

 

 

 

極意其の五(会得レベル★★★★★)

 

連勤をせよ!

 

ここまで来た貴方はもうこの道で食べていける!私は疲れてしまったので、昨日限りでビラ配りのバイトを終えた。面倒だったので多分もう二度とやることはないだろう。

社会で生きていくには必要不可欠な当然の極意。

私は連勤が出来ないやつだったので、すぐに帰った。