戦闘民族の獄

きゅーぽけ所属 モンローです

ゆきEXホルモンピッピ事件

2017年12月某日、事件は突然起こった。

 

きゅーぽけの先輩のゆきさんの家で、私はサークル員たちと宅飲みをしていた。

ゆきさんはバイトに備えて早々に床に就いた。他の人たちは麻雀をしていた。

 

私は麻雀を後ろから眺めており、手持ち無沙汰だったこともあって近くにあったピッピ人形を手に取った。

 

ピッピ人形参考画像

f:id:monroepoke:20180207171040j:image

 

 

持ってない癖にピッピ人形をLINEのアイコンにするくらいのピッピマニアである私は、慈しみながらピッピを両手で弾いて遊んでいた。

 

その時だった。

 

ベチャ

 

ベチャ?

 

 

 

 

 

あろうことか、ピッピ人形がホルモン鍋の上に顔面から落ちてしまったのだ!サークル員1名がその音に気づき、こちらを向いた。私は何食わぬ顔で即座にピッピを取り出して抱いたので気づかれることはなかった。

 

落ち着いてピッピを見ると、色違いになっていた!

顔面真っ茶色のピッピ。何ならニンニクの臭いもする。

 

これはヤバイと思い、洗面所にダッシュした。ここまでで事件勃発から10秒程しか経過していなかった。

 

私は洗剤をピッピの顔面に大量にぶちまけ、はちゃめちゃに水を流した。手がちぎれるんじゃないかと思うくらい冷たかったが、瀕死のピッピを助ける事が何よりも優先だった。

 

迅速な判断のお陰か、色は直ぐに元に戻った。

洗剤まみれのピッピを絞ると、大量の泡が出てきた。ピッピがスポンジになってしまった!

 

再び水で流し、絞った。真顔のピッピから勢いよく泡が出てくる。

笑ってはいけないのだろうが、可笑しくて堪らなくなり笑いながらピッピをギューっと絞った。

 

30分程手術し、泡を忘れさせることに成功した。ピッピは毛が濡れてまとまっており、濡れた犬みたいになっていた。顔面を嗅いでみると、ニンニクの臭いが消え、洗剤の良い匂いに変わっていた。良かったね、ピッピ。

 

その後、触覚を洗濯バサミで挟み、半ば拷問の様な形でピッピを干した。

 

帰りの電車の中でゆきさんに謝罪のLINEを送ったが、特に怒られることもなく寛大な心で許してもらえた。

 

すみませんでした。