戦闘民族の獄

きゅーぽけ所属 モンローです

はじめに

きゅーぽけに所属しているモンローと申します。

 

基本的にはポケモンの事を書きますが、時々違うことも書くかもしれませんので悪しからず。

カラオケに行った話

私はそんなにカラオケが好きではない。

歌が下手なので他人に聴かせたくないとか、人前で歌う曲が無いだとか、決してそういった直接的なものが理由ではない。

 

目には見えないカラオケの決まりごとのようなものが好きではないのだ。また、カラオケに纏わる惨たらしい事件があった。そちらの方がきっと、カラオケを苦手たらしめる大きな原因に相違ない。

 

大学1年生の時であった。私はバイト先の同僚3人とカラオケに行くことになった。

 

【登場人物】

私:邦人。男

 

アロマ:最近アロマテラピー検定2級に合格した。バンドのボーカル。男

 

19号:ドラゴンボールに登場する人造人間19号に限りなく容姿が似ている。生物学上は女

 

マダ子:遊戯王カードのマーダーサーカス・ゾンビに限りなく容姿が似ている。アカペラサークル所属。ゲノム的には女

 

 

 きっかけは何だったか忘れてしまったが、兎にも角にも私達はカラオケに行くことになった。私の持論として、余程仲が良いか趣味が共通である以外は、歌唱力の釣り合わない者がカラオケに参加すべきではないというものがある。それ故に何度かそれとなく断ったものの、19号の戦闘力とマダ子の攻撃力の前には為す術があるはずもなく、半ば強引に連れて来られてしまったのだ。

 

程なくして、私はこれが通常のカラオケとは大きく異なることに気づいた。

当時、『アナと雪の女王』という映画がトレンドであり、その主題歌である『Let it go』が大流行していた。

 

マダ子は部屋に入るや否やデンモクを手に取り、『Let it go』を入れた。なるほど。歌いたい曲は他人に取られないうちに先制で入れるに限る。アカペラサークルで鍛えただけあって、歌は素晴らしく上手かった。それと同時に、やはり私のような凡庸な喉を持つ者が来るべきではなかったと如実に感じた。

 

マダ子が熱唱している間、アロマと19号は無表情でデンモクにIDを打ち込みログインしていた。そう、これは3人の戦争なのだ。如何にして高得点を出すか。如何にして場を支配するかのマウンティング合戦なのだ。恐らくだが、私は審判としてここに呼ばれたに違いなかった。

 

マダ子が歌い終わり、私達は一同に口を揃え、「上手かった」だの、「声量が凄い」だのおべんちゃらを言う。こういったマナーも私がカラオケを好まない1つの理由である。

 

いつの間にかアロマが曲を入れており、ターンが移った。あろうことかアロマは洋楽を入れていた。1人カラオケなら洋楽は許されるが、集団で来ている場合には極力皆の知っている曲を歌うのがマナーというのが世の常であるため、この洋楽の参入は場を白けさせた。 

 

しかしながら、やはりこれは戦争なのだ。自身を最も際立たせることの出来る曲を選択するのは至極当然である。

 

そして19号の番となった。私は嘗て無い衝撃を受けた。『Let it go』は2パターン存在し、先程マダ子が歌ったのは日本語版であり、今しがた19号が入れたのは英語版である!

いきなりぶつかり合ってきた!同じ曲を決して入れてはならない+洋楽は入れてはならないということがコモンセンスなため、突如として重ねられたタブーに私達は酷く面食らった。さっきも洋楽だったし、厳密には違う曲だから別に良いでしょと言わんばかりのツンとした顔で、19号はご丁寧にも振り付け付きで歌っていた。

汚らしい人間のありのままの姿をまざまざと見せつけられた。

 

部屋の空気は最悪になった。私は皆の知っている当たり障りのない演奏時間の短い曲を選び、素早く番を流す作業に徹した。

 

暫くするとマダ子はトイレに行った。すると透かさず19号が「マダ子絶対自分が1番上手いと思ってるよね。嫌な感じ」と言い放ったのだ。

破壊の限りを尽くした19号に私とアロマはうんざりした。空気は更に静まり返ったが、皆自分の番になると腹の底から歌を歌う。 空虚な空間には美しい音色が聞こえ明るく反響していた。

 

19号やマダ子が連続で曲を入れだし、収拾がつかなくなりはじめた頃、まるで助け舟を出すかの様に残り10分だと店員から電話が掛かった。

 

モンスター達は最後まで戦い抜いた。ユーモアの墓場である『君が代』を2曲連続で歌い上げ、地獄の様なカラオケは幕引きとなった。

 

それから私達は二度とカラオケには行かなかったし、一度たりともカラオケの話をしなかった。

 

 

結論として、カラオケはやはり仲が良いか趣味の合う者同士で行かなければ面白くない。忘年会シーズンが迫って来ている中、皆さんも一度考えてみて欲しい。

 

因みにだが、この一年後に私は19号から大変な目に遭わされることとなる。これはまたいつか記そうと思う。

 

終わり

 

S4 使用構築 最高2084最終1937

簡単にまとめる。確か分身バトンでした。f:id:monroepoke:20170718084100p:image

Sの上がらない臆病カミツルギ

どうも。

 

先日行われたきゅーぽけ部内戦のために、ロクな厳選用ポケモンを持っていなかった私は、3日間ほどかけてなんとかA個体値20の臆病カミツルギを厳選しました。

 

ちなみに、カミツルギを間違えてもう1匹捕まえてしまったので、今僕の持っているカミツルギは意地、臆病、腕白です。何となくくじを引いたらレポートを書かれたので詰みました。

 

この臆病カミツルギはビーストブーストをするとSが上がるカミツルギで、今の環境にそこそこ刺さってると思います。

 

 

さて、運命の部内戦。私はカビゴンゲンガーカミツルギを主軸としたパーティーで臨みました。見事相手のカバルドンカミツルギで倒す機会が訪れ、ビーストブースト!!!!!

 

相手の残りはカミツルギ1匹だったので勝ち!絶望する顔でも見るかw とか何とか思っていたらAが上がってしまいこちらが絶望しました。

 

そうです。王冠を使っていなかったのです。

 

うーん失敗W

 

カビゴンも懐いておらず、2回鈍いを積んだ恩返し急所が相手のガブに4割ほどしか入らず、負けました。

 

 

1-3で部内戦を終え、忘れないうちにとカミツルギに王冠を与えました。その時に間違えてAにも王冠を使用してしまい、それに気づかなかった私は念入りにレポートを3回書いてしまいました。

 

 

時間が余ったので同期とフレ戦をして、相手のランドロスカミツルギが撃破!相手の絶望する顔を見てやろうと思っていたら、何故かAが上昇してしまいこちらが絶望しましたね。

 

そのおかげで試合には勝てたのですが、心は空っぽでした。

 

私はカミツルギがビーストブーストでSを上げたのをついに見ることなく生涯の幕を閉じました。

 

ゴミツルギを欲しい人がいたらあげます

桃太郎パを考えよう

昔話の桃太郎を皆さんは1度は読んだことありますよね。

 

今回は私の考えた純正桃太郎パーティーについて考察していこうかと思います。

 

 

 

桃太郎@きびだんご

特性:食いしん坊

性格:意地っ張り

努力値:254(148)-145(12)-117(252)-x-142(92)-51(4)

技:リサイクル/鈍い/地震/恩返し

 

バンク解禁後に使用可能となった夢桃太郎。特殊ポケモン相手に積む。物理相手にも無理やり積めるので最強ポケモン。思考停止で選出すると負ける。状態異常技に弱いので恩返しではなく空元気の採用もあり。

 

 

 

猿@気合の襷

特性:鉄の拳

性格:無邪気

努力値:151-124-91-156(252)-92(4)-176(252)

技:猫だまし/ステルスロック/インファイト/オーバーヒート

 

先発ステロ要因として採用。速いのでほぼ確実にステロを撒けるが、耐久が怪しかったため襷に。変えるならこの枠。昔の日本に存在するポケモンがモグラくらいしか思いつかなかったため渋々使い続けている。ダウンロード対策のため特防に4振り。

 

 

 

犬@食べ残し

特性:プレッシャー

性格:陽気

努力値:*理想地 209(148)-136(4)-106(4)-x-108(100)-167(252) 

技:聖なる炎/毒々/身代わり/守る

 

数値受けを崩すためにノイテイを使用。思ったより活躍してくれた。道で拾ったため王冠未使用。

 

 

 

雉@ゴツゴツメット

 

特性:静電気

性格:図太い

努力値:197(252)-x-146(220)-x-110-125(36)

技:羽休め/放電/毒々/熱風

 

格闘の一貫と地面の一貫を切るために採用。ポケモンパンを食べ続けて頑張ってシールを集めた。

 

 

 

このままでは鬼(ニャ鬼クス、鬼シズクモ、鬼ゴーリ)に勝てるか不安なので良い補完枠を下さい.

 

オイオイオイ

こんにちわ

 

こうゆうこと

 

シュミレーション

 

役不足

 

破天荒

 

須らく

 

大笑いと爆笑

 

文盲

 

誤用が多過ぎて言葉の意味が変わることが嫌いなので正しい言葉を使用しましょう。社会に出て恥をかきますよ。本当の意味や言い方を知ってて使うのも悪なので、徹底的に弾圧していきます。何かあったらまた追記します。

 

きゅーぽけのシャーロックホームズ

どうも。きゅーぽけのシャーロックホームズです。先日僕が参加したオフ会での話です。

 

僕が昼食を買い、店を出ようとすると「ポイヒガッサにジャイロボール急所に当てて勝ったわw」という声が聞こえました。

 

ポイヒガッサはキノコの胞子を打ってから身代わりをして相手をハメるポケモンですよね。つまり、身代わりが張られてないない状況が殆どありません。また、ジャイロボールは素早さが低いポケモンが使用する技ですよね。

ということは、キノコの胞子が効かないナットレイのジャイロボールが相手の急所に当たったということになります。

 

きゅーぽけのシャーロックホームズなので、一瞬で分かりました。

その人の顔も覚えているので、あとでその人がいるブロックの表を見て参加者を暗記することも可能でした。

 

つまり、相手の情報漏えいは避けましょう!ということが言いたいのです。

 

ちなみに、ジャイロボール急所を当てられたのは同じきゅーぽけのラルスでした。おもろ