戦闘民族の獄

きゅーぽけ所属 モンローです

6世代におけるバンギラス単体考察

 

  これはORASが大流行していた時の話である。当時私は大学1年生で、ポケモン対戦に熱中するあまり学業を疎かにしてしまい進級が非常に危うい状態であった。

 

 そのため私は今までの負債を取り返そうと死に物狂いで勉学に勤しんだわけである。しかしながら、そのような中でもやはりポケモンは切っても切り離せない存在であった。丁度その頃に先輩からフレンドボールに入ったヨーギラスを貰っていたこともあり、私の頭の中には常にバンギラスがいた。 

 

 私は嬉しくなり、バンギラスの当時の対戦環境での優位性を真剣に考察してみることにした。性格を陽気にして竜の舞を使用することで当時対戦環境を席巻していたメガガルーラメガゲンガー・化身ボルトロスあたりに非常に強く出られると思い、ダメージ計算をしながらあれこれと努力の配分や技などを練っていたが、1週間ほど考察しても結論が出ないままでいた。

 

 そんな中アルバイトの時間がやってきた。私は塾講師をしており、パソコンのwebカメラを使用して遠隔地の生徒に数学を教えていた。『東進』を想像すると分かりやすいかもしれない。金銭を受け取っているのにもかかわらず余りにも責任感がない話だが、私は度々生徒の目を盗んで居眠りをしていた。生徒が演習問題を解いている隙に資料を熟読しているフリをしながら眠って元気になっていた。

 

 丁度その時が大学のテスト期間であったため、先程も述べたが進級のかかった私は寝る間も惜しんで勉強していた。日中はテストを受け、夜はアルバイトの生活がしばらく続いていた。更にポケモンの考察までしていたとなると、どうしてもアルバイト中に疲労のツケが回ってくるわけだ。私は眠りに眠った。いつもはイヤホン越しの生徒の声ですぐに目覚めるのだが、その時は中々覚醒しなかったようであり、生徒の「先生!大丈夫ですか!?」といったような私を心配する声を聞いて慌てて飛び起きた。

 

その瞬間私は「バンギラスで竜の舞をして上から殴れ!」と生徒に向かって怒鳴りつけた。

 

 本当に寝ぼけていて訳の分からない妄言を吐いてしまったのだ。突然私が大声を出したため、私のいたブースは静まり返り、画面の生徒も驚きと恐怖の入り混じった顔をしていた。

 

 そこでやっと私は自分がしでかした事の重大さに気づき、「だからこれは上に凸のグラフだろ?だから上から殴るんや!」と、とりあえず「上」というワードを使用して勢いに任せて先程の失態を無かったことにしようとしたが、「えっ!?えっ!?」と生徒は動揺してしまい寧ろ逆効果だった。

 

 普段は雑談を交えながら楽しく授業をしているのだが、その時はお互いに必要最低限のことしか話さないまま暗い雰囲気で授業が終わった。

 

 その後塾長から呼び出されて本気で叱られ、アルバイト先の先輩から「調子に乗るなよ」とLINEが送られ、皮肉なことに私が上から殴られてしまった。1年間教えていた生徒たちが志望校を受験した日に殆ど追放という形で退職した。したがって生徒たちの合否は分からないままである。

 

 結局私は無事に進級することができ、何とか希望する研究室に入ることができた。塾を追放されてからは狂ったようにアルバイトの面接に落ちた。また、バンギラスの調整を考え続けていたらいつの間にかサン・ムーンが発売され、考察の全てが水泡に帰した。

 

 結論

ミミッキュは強い!

 

耳寄りな情報

 『師走』という言葉があるように1年の中で12月が最も忙しい時期とされているが、我々は坊主ではなく学生だ。自身の学生生活を振り返ってみると、年が明けてからの方がやたらと忙しかったように思える。センター試験が終わり、現下のTwitterのタイムラインでは卒業論文や期末試験に苦しむ者らのツイートでびっしりと埋め尽くされている。それらが終われば直ぐに就職活動に挑む者たちの愚痴などを目にする機会が増えるのだろう。

 

 

 先日のことであるが、私は苦心しながらも無事卒業論文を提出した。就職先も決まっており、残り2カ月ばかりの僅かな学生期間を残すのみとなった。社会に出てからはあまり纏まった自由な時間が取れないだろう。そう考え、日々全力で友人や先輩・後輩たちと遊びに遊んでおり、非常に満たされた生活を送っている。

 

 

 一昨日サークルの先輩が主催しているボードゲームオフに遊びに行った。そこで私の就職&卒業祝いということで、1人の先輩(本人の希望で名前は記さないでおく)に昼飯をご馳走になった。落ち着いた雰囲気の郷愁に駆られる店で、先輩2人と同期を交えた4人で妙味に富んだ食事を楽しんだ。

 

 

 それだけで最早十分すぎるほどに幸福であったのだが、嬉しいことにプレゼントまで貰ってしまったのだ。本題に入る前に随分と遠回りをしたが、今回はそのプレゼントのレビュー記事である。

 

 

 さて、そのプレゼントとは・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:monroepoke:20190127200745j:plain

 

『ののじ耳かき』である!!!

 

・自分で買うには高いが贈り物としては適度な値段

・就職に伴う引っ越し時に邪魔にならない

・私が持っていなさそう

・日常的に使える

 

 

 これらの条件を満たしたのがこの耳かきだそうだ。amazon価格は1,600円であり、確かに自分のためには買いづらい額である。使用感が良ければ自分でも使いたいし周りに布教していきたいという贈り主たっての希望で、この耳かきをレビューする運びとなったのだ。

 

 

 さて、ここで読者諸君が懸念していることは手に取るように分かる。だが安心してほしい。『九大の真実の口』の異名を持つこの私、たとえ先輩からの贈り物であろうとも決して嘘はつかない。遠慮なくどんな物であろうと正直に品評することをここに固く誓う。

 

 

 古くはダレイオス1世が置いた『王の耳』、最近では「壁に耳あり障子に目あり」と言われているように、人類の耳の歴史は長く、今やどこにでも耳が存在する時代である。1億総耳社会のこの平成ももうすぐ終焉を迎えようとしている。運が良いことに、丁度私にも2つばかり耳がある。このレビューを書き上げることで笑顔で新時代を迎えたいものだ。

 

 

 話は逸れたがこれを贈られた時、私は天にも昇る心地だった。私は暇さえあれば耳を弄っており、自身だけでは飽き足らずyoutubeで他人の耳かき動画を観漁っている生粋の耳かき超人なのだ。センター試験前日に耳鼻科に行って「リスニング対策で耳垢を除去してほしい」と言ったら「20数年間働いているけどそんな事言ってきたのは君が初めてだよ」と医者に驚かれたという逸話も持つほどであり、そんな私にドンピシャな贈り物であった。

 

 

 私が今まで使用していたのは一般的な竹製のスプーン型の物と、金属製のスクリュー型の2種類だ。どちらも100円ショップで買った安物であり、力任せに汚れを取り除く『漢の耳掃除』のせいで時々出血するのが悩みではあった。

 

 

 今回使用する『ののじ耳かき』は所謂ワイヤー型と呼ばれており、弱い刺激で耳垢を取り除くのがアピールポイントである。日本製であるためどことなく安心感がある。早速使用してみることにする。

 

 

 私は特に気にならなかったが材質がステンレスと真鍮なため、普段竹製の耳かきを使用している人にとってはもしかしたら少しばかり重く感じるかもしれない。

    力任せに使用すると繊細なワイヤーが歪んでしまうため、優しくゆっくりと耳の奥へと這わせていく。豊かな曲線を描く大中小の三重のワイヤーが程良く肌に沈み込み、カサカサと小気味良い音を立てて耳垢を剥がすようにしてかき出す。想像していたよりもはっきりと耳垢が取れていた。

    しかしながら、ワイヤーに付着した耳垢を取り除くのが中々に面倒であり、これからずっと寄り添っていくことへの一抹の不安を覚えた。元々私は強めに耳をかくことが好きなので、あくまでこの『ののじ耳かき』は『漢の耳掃除』後の仕上げとして使用するに留めておこうと思った。

 

 ただ、皮膚が弱く耳が傷つきやすい人や、耳の穴が小さい人には強く勧められる商品であることは間違いない。ワイヤーを自分の耳に合った形に曲げて使用することもできるため、使い勝手は良いと思う。

 

 

 

評価 

値段 ★★☆☆☆

重量 ★★☆☆☆

質感 ★★★★☆

性能 ★★★★☆

総評 ★★★☆☆

 

 

結論

 1,600円あればゴールデンカムイが3冊買える!

 

アロマとデートとワイシャツと私

 大学1年生の6月くらいの話。私は学生寮に住んでいて、1つ上の階の同じ学部であるアロマ(下記ブログ参照)と仲良くなった。

http://monroepoke.hatenablog.com/entry/2017/11/30/213553

 

 アロマは恋多き男で、直ぐに人を好きになるやつだった。どうやら同じクラスの女を好きになってしまったらしい。アプローチをかけてみると、「2人きりでデートは厳しいけど、ダブルデートならいいよ。だからアロマの友人を1人連れてきて」との返事を貰ったらしい。女の方も、同じクラスの友人を連れてくるとのことだった。

 

 そこで白羽の矢が立ったのが私であった。初めて会う好きでもない女と友人のデートのお膳立てをするのが心底嫌だったが、かなり強引に誘われて、結局渋々デートに行く羽目になった。

 

 私は文学部に所属している。文学部は男よりも女の方が多い学部で、煌びやかな女で溢れている。私も彼女が居なかったし、良い機会かもなとも思った。

 

 そんなこんなで苛立ち50・喜び50の心持ちでデートに臨むこととなった。場所は駅に近いAEON(ショッピングモール)私はアロマと共に自転車で向かった。道中に作戦会議をしたが、かなり自信ありげだったので全てを任せることにした。集合時間の10分前に到着した。すると、アロマがにこやかに手を振っており、その先を見ると女が立っていた。

 

 白くて、丸くて、大きい。女はムーミントロールを擬人化したような見た目をしており、店内が涼しかったこともあり「あれ、ここフィンランドだったかな?」と錯覚した。

 

 ムーミンに挨拶を済ませ、アロマとムーミンが楽しそうに話しているのを見ていると、「お待たせ〜」と後ろから女がやって来た。そう、私のデートの相手だ。ワクワクしながら振り返った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:monroepoke:20180816174509j:image

 

 そこには秋元康がいた。いや、正確には秋元康にそっくりな女がいた。「前からAKB好きです!」「最近48系列多すぎないすか?笑」など、思うところはいくつもあったが、私はそれらをグッとこらえた。

 

 アロマの誘いを断っておけば良かったと本気で後悔した。よりによって、文学部は文学部でも中央大学文学部中退者が来てしまった。自分の生きる意味をぼんやりと考えていると、ついにダブルデートが始まってしまった。

 

 訳の分からない4人で歩いていると、早速クラスメイトの噂好きの女に出くわしてしまった。終わったと思ったが、もうどうにでもなれとも思った。また、更に先に進むと友人がスターバックスにいたのを見つけた。目が合ってしまったので、私1人で必死に弁解しに行った。

 

 まだデートが始まって数分しか経っていなかったのにも関わらず、心労がかさみまくった。一応雰囲気を壊さないようにと、私は色々と喋ったりもした。

 

 恐らく計画のうちだったのだろう。アロマがヴィレッジヴァンガードでアロマを見たいと言うので、皆で行った。アロマとムーミンが良い感じの雰囲気だったので、私と東京オリンピックパラリンピック組織委員会理事は離れて様子を見守った。

 

 私「アロマたち、めっちゃ良い雰囲気だね」

日本放送作家協会理事長「でも、ムーミン彼氏いるよ」

 

ゑ!?!?!?!?

 

 驚きすぎて思わず昔の人になってしまった。

 

 どうやらムーミンには遠距離恋愛をしている彼氏がいて、その彼氏の「2人きりはダメ」という条件付きで4人で遊ぶことになったそうだ。つまり、デートだと思い込んでいるのは私とアロマだけだったのだ。

 

 当然ながらアロマはまだその事を知らず、楽しそうにムーミンとアロマを嗅いでいた。ますます私のいる意味が分からなくなり、強い憤りを覚えた。

 

 アロマを一通り愛でた彼らは、次の店に行こうとしていた。なにぶん3年も前のことなので、忘れてしまったが、とにかくアロマが次に行こうとしていた店はそもそもAEONには存在していなかった。

 

 アロマはメンタルが弱い。一瞬で計画が瓦解し、さっきまで自信に満ちていた顔はみるみるうちに活力を失っていった。私も、半ば死人のような顔をしていたに違いない。

 

 昼になったのでミスタードーナツに行くことになった。せめてものバイト代を貰わなければあまりに自分が可哀想でいたたまれなかったので、メロンソーダをアロマに奢ってもらった。食欲が無かったのでドーナツは食べなかったが、怪獣たちはよく食べていた。程々に会話を済ませて退店した。もはや盛り上がりは無かった。

 

 それからは、適当に服を見たり、帽子を見たりした。私のバイトの面接の時間が迫っていたため、3人を残して15時あたりでエスケープした。後でアロマに私がいなくなってからどうしたかを訊くと、特にこれといって進展はなく、盛り上がらないまま直ぐに解散したらしい。

 

 まだワンチャンスを掴み取ろうとしていたアロマを見て可哀想になった。残酷かもしれないが、私はムーミンに彼氏がいることを告げた。アロマは驚いた様子で声も出ていなかった。フィンランドの妖精のためなんかにアロマの青春を無駄にさせるわけにはいかない。これで良かったんだ。「新しい恋をしろよ」と背中を押した。

 

 〜それから〜

 アロマはムーミンのことを忘れ、直ぐに新しい相手を好きになった。同時に、「あの時お前にメロンソーダを奢ったのは未だに納得がいっていない」と怒鳴られ、大喧嘩になった。その後あれこれあって仲直りはしたが、現在は私がアロマからUSBメモリを借りパクしており、またアロマの彼女からも本とCDを借りパクしているので気まずくなり会えなくなってしまった。

 

 ちなみにバイトには落ちた。もう二度とダブルデートはしたくない。